歯のホワイトニング教本

ホームホワイトニングで注意すべきこと

歯科・審美歯科でやる歯の漂白のことを「オフィスホワイトニング」と呼びます。

これに対し、自宅でやる場合は「ホームホワイトニング」です。

ホームホワイトニングでやる場合は、漂白作用ある薬剤を、ほとんど歯磨き粉のように使い、ブラッシングすることも考えられます。

が、効果が出るのに時間がかかります。

そこで、最近、注目を浴びているのが、オフィスホワイトニングと同様に、歯型を取って、マウスピースを作るやり方です。このマウスピースの内側に薬剤を塗り、時間をかけて成分を歯に浸透させていくのです。

必要なものが全部入ったキットも簡単に手に入るでしょう。

歯科などに行かずに済むのですから、「気軽でいいわ。こちらでいこう」なんて考える人もいるでしょう。

が、やはり専門家に任せるようにはいかない点がいくつかあります。

まず、虫歯がある場合。歯科などならば、ちゃんとガードすることができます。が、自分では無理です。

しみるだけではなく、最悪、炎症を起こします。

また、歯科などであっても自分でやっても、歯並びが悪いと、使い物になるだけのマウスピースが作れません。ちゃんとはまらないのです。

歯科などであれば、カウンセリングの時点で、お医者さんが見て、「ダメですね」とすぐに判断してもらえるでしょう。

が、自分では試してみないと分からないかもしれません。その結果、無理と分かったら、決して安くはないキットが無駄になってしまいます。

また、使う薬剤の濃度は、ホーム用は薄めです。効果が出るまでに根気が必要です。

ホームホワイトニングの手順

歯を白くする技術はどんどん進化しています。

かつては歯を抜いて差し歯にするぐらいしか方法がありませんでした。が、今では歯医者にさえいかず、自分自身で家庭でやれるような方法も二つ三つあります。

そのなかで、いくらか手間がかかり、わずらわしさもあるものの、しっかりとした効果の得られるマウスピースを使ったホワイトニングの手順をご紹介しましょう。

これは審美歯科などでも用いられている方法とほとんど同じです。必要なものはセットになっていて、通販などでも手に入ります。

まずは、大まかに出来上がっているマウスピースをお湯に入れて柔らかくします。これを歯に押し当てて、自分の歯並びの形をとります。あとは自然に冷えて固まるのを待ちましょう。

次に歯を十分に磨きます。汚れ落ち切っていないように感じるのならば、研磨剤入りのものを使うのもいいでしょう。

マウスピースの歯型でできたくぼみのところに、薬剤を塗ります。

あとはこれを口にはめるだけです。

どれだけの時間装着するかは、その製品次第です。所定の時間以上、装着しても、薬剤の効果がなくなっている場合があるようです。

また、昼間に一時間とか二時間装着するようなものもあれば、寝ている間中装着するものなど、いろいろあるようです。

時間が来たら、マウスピースを外し、洗っておきます。

マウスピースは一度作ると、素材が劣化したり、変形しない限り、ずっと使えます。翌日以降も使うことになるでしょう。

PICK UP

脱毛サロンには全コースの金額表がありますが、中には入り組んだものもたくさんあるようです。あなたに一番マッチした脱毛コースを考えてください、と店員さんに尋ねるのがオススメです。

http://xn--ipw186bp8i.jpn.com/

パワーあふれる女性に人気の「女の筋トレダイエット」では筋肉の訓練を主とした最新の減量方法をお見せしています。筋トレ理論や筋肉トレーニングとダイエットとの関わりを会話を使った説明により楽しく学習しましょう。

≫≫脚 セルライト エステ 

肌の乾燥による痒みの誘因の大半は、歳を取ることによる角質細胞間脂質と皮脂分泌の低落や、固形石鹸などの過度の洗浄による皮膚のブロック機能の衰えによって発生します。

押すと返す弾むような肌のハリ。これをもたらしているのは、かの有名なコラーゲン、つまりはタンパク質です。バネのようなコラーゲンがきちんと皮膚を支えていれば、嫌なタルミとは無関係でいられるのです。

≫≫http://毛穴エステなび.com/

Copyright (c) 2014 歯のホワイトニング教本 All rights reserved.